忍者ブログ
[249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そうそうそうそう!
自己満足でしかないですが。



この間Jobが上がった時にDEXがひとまず完成して、FAのダメージが上がったんですよ!!
なんかきっちりした数字が気持ちい~~~♪
禿にはオーバーキルすぎるけど、深淵戦の時とかLAFAが決まるとかなり殲滅が早くなったので楽になったなぁ~。


さてさて。
今回は、Yさんと初めて古城ペアをしてきました。
カズサ以外の人とペアでの古城は初なので、出発前はちょっとドキドキ。
ぎょと古城でペアとなると、メイン火力になってくるのが「罠」と「鷹」。
罠狩りもだいぶ普及してきたとは言え、実際やるとなるとWIZペアとは違ってなかなか纏める作業がシビアだったりします。
FTBMはもちろんのこと、CTも攻撃範囲は5*5ですが威力を増加させるには3*3に纏めてもらうのがベストですからねぇ。

何度も記事にしている通り、ぎょの場合だと古城での攻撃罠は主にCTがメインになります。
レイド、本だけのMHの場合にはBMを使いますが、ほら・・・ね。禿にHIT足りないものでCTじゃないと何かと都合が悪いわけなんですよ。

一見、FTBMよりCTの方が楽そうに思えますが、Mobを抱えるプリ側からするとそうでもなかったり!
と言うのも、FTBMの場合、纏めてから弓手がアンクル、もしくはFTでMobを拘束するまでの間耐えればいいだけですが、CTの場合だと殲滅完了までかかえていないといけないんですよね。
また、レイドが使用してくるMBで吹っ飛ばされてしまい位置ずれを起こしたり、飛ばされたところへCTが当たると弓手側にMobが流れてくる事態も発生するわけです。



これでは、せっかくMobを纏めたのに一気にグダグダの道へ転落です。
それを予防する手段として、基本的なことですが壁際を利用してもらうのが大事。
SGと違い、スキル発動後にノックバックするわけではないので、射程さえ通っていれば方向は気にしなくても大丈夫です(`・ω・´)b
壁をとるかいなかで、かなり安定性がUPするのは間違いなし!!

また、プリ側にばかり頼っていてはいけません。
あー流れてきた!と思ったら、素早くハイドしてタゲを流せる心構えも大切です。
禿にはハイドが効かないので耐えるなり、擦るなり、アンクルかけるなりして自衛することも念頭に!


それなら、CTする前にアンクルで纏めちゃえばいいじゃん!!!ってのもありなんですが、アンクルを使う=罠を1つ消費するってことじゃないですが。
それにアンクルして纏めている間にCT投げちゃったほうが早いよね・・・!?
って理由から、どうしても以外の場合には直でCTを投げております。
そこもまた、ペアをする上でのコンビネーションになってきますからね。必ずこうする!ではなく、臨機応変に使い分けていきたいところです。


ってな感じで、日を改めたりして3回ほどトライしたのですが、1回目は様子をみつつ単体攻撃多め。
2回目は、1回目の反省点を生かし壁際意識しつつ、自給が1.25m/h。
3回目は、Yさんの耐久性と相談しながら少し罠の頻度を上げて、1.39m/h。と言う結果に。

流石古城慣れしているYさんなだけあって、狩りのテンポさえ掴めばバッチグーでした(*゚д゚*)
まだYさんのレベルが80代中盤なので、これからレベルが上がって耐久性がUPし、SWが完成すればもっと上を狙えそうですね。
また時間があったら遊びましょう~~!!!


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
自己紹介
HN:
ぎょ
性別:
女性
職業:
鷹師
趣味:
鷹を飛ばすこと
自己紹介:
ベル鯖在住の鷹師。
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
読者の声
[01/14 たっぷ]
[11/17 Lokiの人]
[09/01 名前などない!]
[07/27 やっち]
[07/23 ぎょ]
探し物
識別子
忍者ブログ [PR]