忍者ブログ
[304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここの記事に、若干ミスがありまして・・・。

>ってことで、持ち前のLUK+いたずら耳+ヨヨコンチ×2++6Vイミュン+グロで、完全回避が39.7になりました(`・ω・´)b

と書いているんですが、どうもラトリオした時に「いたずら妖精耳」と「妖精耳」を間違えて選択していたらしく、実際には



42でした。これは、グロリアも混みな状態ですね。


購入してから、あれこれと使ってみた感想なんぞを!!


・ソロの時、ラグが怖くなくなった(`・ω・´)b
・古城で死ななくなった。

ざっと述べるとこの2点!

簡単に書いてますが、これがものっすごい劇的な変化を及ぼしたわけでして。
もちろん、過度な防具依存的思考はあまりよくないですが、この完全回避のおかげで少々囲まれてもびくともしなくなりました。

例をあげるなら、やはり古城ですかね。
うっかり前衛がインティミされてしまって、抱えていたMobが全部流れてきたとしても、生き残れます!!
以前だったら、一瞬判断が遅れただけで「ぎゃー」→>┼○ バタッだったのですが、アンクルなりサンドなりFTなりで、足止め発動させる数秒を耐えられるようになったのはかなり大きいですね。
また、横沸きや追加などで場がグダって複数のMobを抱えてしまう状態になっても、かなり余裕が生まれました。


このことだけでも、十分、従来の狩りに変化をもたらしているのですが、それ以上に劇的な進化を遂げた部分があります。

っていうのが、「こころのゆとり」です。

上記の通り、多少囲まれても死んでしまいそう~って状況がなくなったので、焦ることがなくなりました。
古城狩りやノーグのような罠メインで戦う狩場は、1度焦りの歯車に巻き込まれてしまうと、抜け出せないくらいにグダグダになりますからねぇ。
罠メインでなくともそうですが、客観性を失うと何事も上手くいかなくなるのが世の常でして。

最近「ゆとり」と言うと、悪い意味でのイメージが先行しがちですが、必要な分の「ゆとり」や「余裕」っていろんな面で人に対してプラスに働きかけるものだねっ!



■あるあるシリーズ■

とある日のstさん。



あるあるあるある。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
なんてSSを
これからは半角英数字チャットが流行る・・と助かる。。w
st 2008/10/27(Mon)23:38:14 編集
お返事
>stさん
ふふふ。油断は禁物なんだぜ!!
ぎょ 2008/10/29(Wed)19:26:12 編集
自己紹介
HN:
ぎょ
性別:
女性
職業:
鷹師
趣味:
鷹を飛ばすこと
自己紹介:
ベル鯖在住の鷹師。
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者の声
[01/14 たっぷ]
[11/17 Lokiの人]
[09/01 名前などない!]
[07/27 やっち]
[07/23 ぎょ]
探し物
識別子
忍者ブログ [PR]