忍者ブログ
[270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回のシミュの結果を元に、さっそく古城でFTBMをしてきました。



禿が凍るーーーーー凍るぞぉぉぉーーーー!!!!!!

なんかこれだけで嬉しい(*゚д゚*)


しかしあれですね。
これまで、同一射程のMobに対してのFTBMばかりだったので、射程違いを1つに纏めつつ支援から引き剥がすアンクルの位置を探すのにかなり手惑いました。
数が多ければシングルBMでも十分倒せるのでCT使う感覚でいけたのですが、DBM以上をやろうとすると「ど、どこに置けば・・・」とかモタモタと考えてしまう、ぎょなのでありました。
うーん。まだまだ修行が足りない!

まぁ、今回はカズサとペアだったので「練習させてー」と多少もたついても耐えて貰えましたが、これから実践で使っていくとなるとそうもいかないわけで!
ぎょのFTレベルが3なので、若干、爆破するまでに余裕があることと、前衛の安全確保を第一に考えた場合、アンクルでもたつくよりも先にFT投げたほうが落ち着いて纏められるね!ってことで、今回はFT→アンクル(シングルでいける場合は飛ばし)→BMって感じでやってみました。
ただ、やっぱりCT慣れしてしまっているので、アチャの厭らしい配置でぐだった時はさっさとCTで殲滅。
CTの範囲漏れした禿にも、QACで100%HITを確保しているのでオートブリッツで倒せたり♪
初回としては、なかなかの手ごたえを感じることが出来たかな。


なんですが・・・。この日どうもベル鯖の様子がおかしくて、やけにラグったり、鯖キャン食らったっきり戻ってこれなくなったりで、1時間狩りきれず( ┰_┰) シクシク
若干不完全燃焼気味だったので、また次回を楽しみにしようかな!!


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ご無沙汰しております。

BMまでもっていく過程は、私にとっても
課題です。

初弾にアンクルかFTを持ってくるかは、
人それぞれですが、おっしゃるように
前衛の安全確保を第一に考えるなら
FTが安定しますね。

欠点としては、氷像がバラけた際、アンクルで
纏める為のタイムロス、そして氷像をASで動かせない点です。

氷像をアンクルで纏めるつもりが、逆に隔離させてしまうこともあるので、罠一確に重点を置く場合は、初弾アンクルが有効だと思います。

#不具合前は、例えBMが確殺に届かなくても
追撃の#一発で片付いたのですが、今の仕様
だと不発する可能性があり、出来ればスマートに
罠のみで片付けたい所です。

私の場合は、アンクルで引き剥がすことはぜず、
逆に前衛の1セル四方に飛ばして、禿とレイドが
分離してしまわないことを優先しています。

相方がオーラハイプリで、余程のことが無い限り死なない耐久力だからこそですがね・・・

では、長文失礼しました。
あぐ 2008/08/02(Sat)01:36:55 編集
お返事
おかえりなさーい。
復帰のご挨拶コメしに行こうと思いながらも、先こされてしまった(*´Д`)

まったくもってその通りなんですよねぇ。
この記事以降に2回くらい古城に行く機会があったんですが、その時はいくらか余裕が生まれてきたので、アンクル→FTとか、FT→アンクルとか、CTでどーんとか、ケースバイケースでやれるようになってきました。
持ち替えミスるなんてのは罠使う以前の問題ですが、ぎょの場合弓の持ち替え失敗してると禿が凍らないと言う致命的なことに繋がるんで、けっこう慌てちゃったり。

そうですねぇ。無理に引き剥がそうとしないでインティミもらわない位置に上手く纏められるように精進してみます!!

いろいろアドバイスありがとうございましたーー!
ジュピペア攻略頑張ってくださいね!ベル鯖より応援してますっ。
ぎょ 2008/08/02(Sat)20:06:26 編集
自己紹介
HN:
ぎょ
性別:
女性
職業:
鷹師
趣味:
鷹を飛ばすこと
自己紹介:
ベル鯖在住の鷹師。
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
読者の声
[01/14 たっぷ]
[11/17 Lokiの人]
[09/01 名前などない!]
[07/27 やっち]
[07/23 ぎょ]
探し物
識別子
忍者ブログ [PR]